×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

コンドロイチンとは?

コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)とはムコ多糖類の代表的な成分で、軟骨や皮膚、角膜などの中に存在し、体内の潤滑油的な役割をし、また軟骨のクッション作用や肌の保湿作用に大きな役割を果たしています。コンドロイチンの歴史は古く、東京大学の江上不二夫氏が頭痛薬の可能性として研究したことに始まり、1950年年代後半に医薬品として認可されて以来、現在もなお医薬品、健康食品の成分として多岐にわたって利用されています。医薬品として有名なものでは、コンドロイチンZやコンドロイチンZSがありますが、これらは腰痛、神経痛、関節痛、五十肩に効果があると言われています。サプリメントに使われるコンドロイチンは主に豚や鳥、サメの軟骨などから作られます。その他、コンドロイチンは目薬の成分としても使用され、特にドライアイに効果があるとされています。コンドロイチンは古い素材ではありますが、まだまだ多くの可能性を秘めている成分として注目を浴び続けています。


>>コンドロイチンを含むサプリメントの情報・ご購入はこちら



グルコサミンとコンドロイチンの関係

グルコサミンがコンドロイチンの話の中で登場することは少なくありません。グルコサミンとは動物性のムコ多糖類に含まれた、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種で体内ではタンパク質と結合して存在します。グルコサミンはカニやエビなど甲殻類のキチン質の成分として多く含まれ、実際にそれらはサプルメントの材料として使われています。グルコサミンはコンドロイチン同様、関節によいとされている成分です。よってグルコサミンはコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)と混合され、関節のよいサプリメントや健康食品として広く販売されています。グルコサミンはもともとは体内で作られるものですが、年とともにその生産能力は衰え、結果として体内のグルコサミンの量も減ってきますので、コンドロイチン同様、それらのサプルメントや健康食品でグルコサミンを補給してやることで関節炎などの症状を暖和できることがあります。最近ではグルコサミンとコンドロイチンにMSMと呼ばれる動植物の体内に存在する天然イオウ成分を加えたものも出回っています。

コンドロイチンの効果

コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)の効果は多岐にわたります。まず関節の動きを滑らかにし、関節附近にある靭帯や腱の弾力性を保ちます。また骨の柔軟性にも関与し、柔軟で折れにくい骨に保ちます。肌に関するコンドロイチンの効果としては強力な保湿性を発揮し潤いのある肌を保ちます。コンドロイチンはまた目にも効能を発揮します。なぜなら水晶体の成分がコンドロイチンだからです。またその強力な保湿性からドライアイを防ぐ効果があるとも言われています。このようにコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)は体にとって非常に重要な役割を果たしています。逆を言えば、コンドロイチンの不足は体に様々な悪影響を及ぼすことが考えられます。更に、年を取るほどコンドロイチンの不足は体に致命的なダメージを与えると予想されます。コンドロイチンZやコンドロイチンZS、またコンドロイチンにグルコサミン、更にはMSMまで含まれたものまで、コンドロイチンに関しては様々な製品が出ていますので、一度摂取を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

Copyright © 2008 コンドロイチンの効果を徹底追求!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。